正し歯のホワイトニングとの付き合い方

歯は目や耳と同じで一生使い続ける大切な器官です。特に歯は毎日食事の際に汚れるので、普段からのお手入れがとても大切です。やっぱり歯は白いほうがいいですからね。歯のホワイトニング効果を感じるにはどうしたらよいのでしょうか?そのためにはホワイトニング歯磨き粉とか、審美歯科でのオフィスホワイトニングやホームホワイトニングに取り組むと良いでしょう。

幼少期では虫歯が一番気になる歯の病気だと思いますが、年齢を重ねるにつれて虫歯だけでなく、歯周病にも気をつけなければなりません。歯周病とは年齢とともに歯茎が弱くなっていき、歯の根元から菌が繁殖したりすことで歯が抜けてしまうことを言います。一本歯が抜けてその箇所を治療せずに放っておくと、残っている歯並びにまで影響を及ぼしてしまうことにもなります。

歯の手入れを怠れば最悪、入れ歯やインプラントといった保険適用されない治療が必要になって、多額の費用がかかることもあります。ですので、日頃から食後には歯磨き、そして定期的に歯科で歯垢の除去をしてもらったり定期健診を受けることがとても大切です。また歯は表面や奥歯はよく気を付けて磨くのですが、歯の裏側まではつい忘れていてこともあるので、時間をかけて丁寧にケアすることを心がけましょう。

一方で、歯磨きは正しいやり方で行わないとかえって歯茎を傷めたり視覚過敏になったりすることもあります。歯の正しい磨き方は歯医者さんできちんと教えてもらい、決して力を入れず過ぎずに磨き、そして合わせて歯茎もマッサージするように習慣つけましょう。歯茎をマッサージすることで歯周病の予防や歯茎が下がっていって根本が弱っていくことを防ぐ効果があります。

歯磨きや歯ブラシは様々なタイプの物が販売されていますが、決して高価なものは必要なく、大切なことは正しい方法でケアを続けることです。ただ一日に何回も歯磨きすると口内の唾液が減少し、唾液に含まれる滅菌作用がなくなってかえって逆効果になることもあるので、多くても一日3回までにしておきましょう。また、液体タイプの歯周病予防や虫歯予防のための歯磨きもあるので、どうしても口臭や口の中が気になる方は歯磨きをたくさんするより、液体タイプのもので口をすすぐ方がよいでしょう。